ハワイと言えば、透き通るように美しいブルーのビーチ!本記事では、賑やかさが魅力の定番ビーチから、ゆったりとした時間を満喫できる穴場ビーチまで、幅広くご紹介していきます。お気に入りのビーチを見つけて、常夏の島のバケーションをより充実させてみてくださいね。

1. ワイキキ・ビーチパーク

Photo by MarlonBu on Foter.com / CC BY

ワイキキ・ビーチパークは、オアフ島で最も人気のある定番ビーチ。東西約3キロもの距離がある巨大ビーチです。ワイキキビーチ周辺には、アラモアナ・ショッピングモールをはじめとした複数の巨大ショッピングモールが立ち並ぶため、1日いても飽きることがありません。パラセーリングやサーフィンなど、ハワイの海を満喫できるマリンアクティビティも人気。サーフィン初心者のためのレッスン等もあるため、この機会にハワイでサーファーデビューしてみるのも良いですね。たくさんの楽しみ方があり、訪れた人みんなが満足するビーチです。

《アクセス》
ホノルル国際空港から車で20分

2. ラニカイ・ビーチ

Photo by Paloika on Foter.com / CC BY

ラニカイ・ビーチは、高級住宅街の近くにある穴場ビーチの一つ。トイレや更衣室等が用意されていない代わりに人が少なく、美しいビーチを独り占めすることができます。波が穏やかで深さがないため、お子様連れの家族にも向いています。ラニカイ・ビーチの最大の魅力は、柔らかで真っ白な砂浜。その繊細さは「小麦粉のような」と形容されるほど!ラニカイ・ビーチを訪れる際には、ぜひ裸足で砂浜を散歩してみてくださいね。

《アクセス》
アラモアナ・センターからバスで約1時間
(駐車場なし)

3. アラモアナ・ビーチパーク

Photo by eugene_o on Foter.com / CC BY

アラモアナビーチは、ハワイアンに人気のローカルなビーチ。アラモアナ・ショッピングセンターが近くにあるため、食事やショッピングなども楽しめます。ビーチの近くには歩道が併設されており、景色を眺めながらゆったりと散歩するのがおすすめ。
アラモアナ・ビーチの少し先には、「マジック・アイランド」と呼ばれる入り江があります。この入り江はオアフ島の名物ダイヤモンドヘッドを羨望できる、絶好の写真スポット!夕暮れどきには多くのハワイアンたちがやってきて、思い思いの時間を過ごします。ローカルに混ざって、ハワイののんびりとした時の流れを楽しむのも素敵ですね。

《アクセス》
ワイキキから車で約7分、徒歩約35分
(駐車場有り)

4. ハナウマ・ベイ自然保護地区

Photo by Prayitno / Thank you for (12 millions +) view on Foter.com / CC BY

ハナウマ・ベイ自然保護地区は、オアフ島南東にある海洋生物保護地区。その美しさが評価され、2016年には全米ベストビーチNo.1に輝きました。ハナウマ・ベイ自然保護地区の海は透明度が高く、シュノーケリングスポットとしても有名です。南洋でしか見られないカラフル魚やきらびやかなサンゴ礁に、目を奪われること間違いなし!シュノーケリング用品やフィンは現地でレンタルすることができます。レンタルするときには、パスポート等の身分証と現金が必要になるので用意しておきましょう。豊かな自然に触れることで、ハワイの海をグッと身近に感じることができるスポットです。

《アクセス》
・ワイキキから車で約20分
・ワイキキから22番バスで約50分

《入場料》
大人7.5ドル、13歳未満無料

5. サンセット・ビーチパーク

Photo by Edmund Garman on Foter.com / CC BY

サンセット・ビーチパークは、名前の通り夕日が美しいことで有名です。オアフ島では、夏には南側、冬には北側の波が高くなります。オアフ島北側に位置するサンセット・ビーチは、冬になるとサーフィンの大会が開かれ、多くの人で賑わいます。そのため、ゆったりとしたビーチを楽しみたい方は、夏に訪れるのがベスト。ワイキキの賑やかさから離れて、のんびりと過ごすことができます。波の音に耳を傾けながら夕日の美しさを堪能できる、ロマンチックな雰囲気のビーチです。

《アクセス》
ワイキキから車で約1時間

6. カイルア・ビーチパーク

Photo by anokarina on Foter.com / CC BY-SA

ワイキキから少し離れた場所にあるカイルア・ビーチパークは、ハワイアンに人気のローカルビーチ。カイルア・ビーチパークの見所は、エメラルドグリーンの海と白い砂浜の芸術的なコントラスト!息をのむほど美しいその景色に、心が癒されます。
カイルア・ビーチパークにはサイクリングロードが併設されており、潮風を感じながらサイクリングをするのがおすすめ。また、ビーチ近くのカイルア通りには、おしゃれなショップやカフェがたくさん。特に手作り石鹸を扱ったお店が多く、南国の香りがするキュートな石鹸はバラマキ土産に人気です。ビーチだけでなく、ショッピングやサイクリングも楽しめる、女子旅にぴったりのビーチです。

《アクセス》
ワイキキからバスで約1時間半

7. ハレイワ・アリイ・ビーチパーク

Photo by Makuahine Pa’i Ki’i on Foter.com / CC BY

ハレイワ・アリイ・ビーチパークはまだまだ観光客には知られていない、とっておきの穴場ビーチ。ハワイアンに紛れてローカルな雰囲気を味わうことができます。ハレイワ・アリイ・ビーチパークではウミガメに出会える確率がとても高く、運が良ければ甲羅干しをしている姿を見られることも。ただし、ウミガメはデリケートな生き物。もしウミガメを見かけたとしても決して触らずに、遠くから見守るようにしましょう。ハワイは、野生のウミガメが見られる貴重なスポット。初めて間近に見るウミガメの姿に、興奮すること間違いありません。

《アクセス》
ワイキキのアラモアナショッピングセンターから約1時間45分
(無料駐車場あり)

8. クアロア・ビーチパーク

Photo by Bob Linsdell on Foter.com / CC BY

クアロア・ビーチパークは、オアフ島北部にある小ぢんまりとしたビーチ。ハワイ王朝の王子たちが過ごしたクアロアは、オアフ島随一のパワースポットでもあります。クアロアの美しい自然からエネルギーをたっぷりもらえば、日頃の疲れも忘れてしまうはず。クアロア・ビーチパークの周りにはヤシの木が立ち並んでおり、ハワイらしい景色を楽しむことができます。ビーチ沿いには芝生が広がっているので、ピクニックをしたり寝転がって波を眺めて過ごすのも素敵。忙しい日常から離れて、ハワイの自然に癒されたいときにおすすめのビーチです。

《アクセス》
ワイキキから車で約2時間
(無料駐車場あり)

最後に

ハワイには素敵なビーチが盛りだくさん。どのビーチも美しく個性的で、長時間いても飽きることがありません。毎日通いたくなるような、あなたのお気に入りのビーチを見つけてみてくださいね。