アサイー、ブルースピルリナと、続々とスーパーフードのトレンドを生むハワイ。そのネクストトレンドを探るべく、スーパーフードを豊富に取り揃える2つのストアを訪ねると…、見つけました!健康や美容への意識が高い人々がこぞって買い求める注目の3アイテムを!今買うべきスーパーフードとは?その魅力に迫ります!

デトックスへと誘う「モリンガ」


まずは、多種多様のスーパーフードを扱うお店の代表格「ホールフーズ」をチェック。オーガニックなモノや値ごろなホールフーズ・オリジナルブランド「365」が特に人気なんだとか。その所狭しと並んだ商品群の中でも、注目度の高い2つがこちら!

一つ目は「モリンガ」。ミラクルツリー(奇跡の木)と呼ばれる樹木から採れる緑色のパウダーです。種や葉はもちろん、枝、花、根など、すべての部分に利用価値があると言われていて、ハワイでも古来より薬や美容、健康のために使われてきたのだとか。

デトックス作用があり、便秘解消や美容・美肌へのアプローチを期待できるということから、近年女性からの支持率が絶大に。食物繊維がバランス良く含まれ、ダイエットの強い味方となってくれます。

スムージーやシェイクに混ぜると、見た目もおしゃれな一品に。サラダやスープに振りかけたり、パンケーキやマフィン、ワッフルなどの生地にパウダーを練り込んで使うのもオススメの食べ方。抹茶のような、まろやかな味わいになります。

グルテンフリーを叶える「カリフラワー粉」


そして二つ目は、グルテンフリーにトライしてみたいけれど、何から始めたらいいかわからない!という方におすすめしたい「カリフラワー粉」。炭水化物とは比べものにならないカロリーの低さでありながら、小麦粉の代替として気軽にレシピに取り入れられるのが人気の理由です。

満腹感も得られるので、糖質制限に励むダイエットユーザーからの支持も厚いとか。カリフラワーといえば、サラダやスープなどの副菜に使用されることが多いですが、粉状だからこそ主食に迎えやすいのもうれしい限り。

チーズなどと一緒に練りこんで完成するピザクラフトは、軽い食感でどんな具材にもマッチするシンプルな味わい。このほかフリットやトルティーヤの材料としても活躍するなど、レパートリーの広さに驚きます。

ホールフーズ カハラ店

DATA
住所:4211 Wai’alae Ave Ste 2000
電話:(808) 738-0820
営業時間:8:00~21:00 無休
URL:https://www.wholefoodsmarket.com/stores/honolulu

手軽さが魅力の注目株「ヘンプシード」


最旬スーパーフードをチェックするなら、ワイキキにあるストア「サブライム」も見逃せません。日本の約半額以下で手に入るスーパーフードがズラリと並び、スタッフによる日本語での説明もあって安心。スーパーフード初心者に優しい一軒です。

ここで見つけた売れ筋スーパーフードが、「ヘンプシード」(麻の実)。体に必要ないくつもの栄養素がバランスよく含まれているのが特徴で、偏った食生活による栄養不足をフォローしてくれる頼もしい存在なのです。

たんぱく質や体づくりに必要な必須脂肪酸といわれるオメガ3やオメガ6、体の調子を整えるミネラルが豊富に含まれているのだとか。柔らかい種子なので凝った調理を必要とせず、そのまま摂取しても消化しやすいのが魅力。

消化器官へのストレスが軽減され、子どもからお年寄りまで安心して食べられることから、ローカルの家庭食としてもメジャーになってきているようです。 サラダにそのまま振りかけるのが、ポピュラーな食べ方だそう。また、味噌や醤油など大豆由来の発酵食品と相性が良いので、和食レシピのちょい足しにも、もってこいなのです。

サブライム

DATA
住所: 2250 Kalakaua Ave #101 ワイキキ・ショッピング・プラザ内
電話:(808)922-1051
営業時間:10:00〜21:30 無休
URL:https://www.sublimehonolulu.com/

まとめ

いまハワイで注目を集めるスーパーフードの共通点は、『普段の食事に今日からでも取り入れられる手軽さ』のようです。もちろん美味しいことも重要ポイント。ぜひ次のハワイ旅で最旬スーパーフードを手に入れて、ヘルシー志向にドライブをかけてみてくださいね。

(2020年3月時点での情報を基に記載しております。)