これまでハワイのステーキハウスといえば、ゴージャスでラグジュアリーな雰囲気の老舗店が人を集めていました。そこに2019年11月、期待の新星レストランが誕生。その名は「ヤヤズ・チョップハウス&シーフード」。オバマ元大統領夫妻からハワイのインスタグラマーまで、幅広い層の心と胃袋をわしづかみにするその理由を探ります。

モダンでおしゃれで美味、なのに入りやすい!


お店の場所は、近年モダンなお店やカフェがオープン続出しているカカアコエリア。エントランスはとてもシックでシンプルなので、お見逃しないように。ただ一歩入るとテンションは倍増!日が暮れた時間では限りなく照明が落とされ、薄暗い空間の中にバーカウンターのピンク色のライトが存在感を放ちます。

洗練のバーカウンターでは、ずらりと並ぶリキュール棚が圧巻。毎日開店から閉店までハッピーアワーがあり、ビールやワイン、カクテルを4ドルから楽しめます。チキンウィングやポークベリーなどのププ(おつまみ)も人気。ディナー前のアペリティフを嗜むのもいいですね。

そしてお店の奥へと進むと、目に入るのがお肉専用の冷蔵ショーケース。それもそのはず、ヤヤズは日本の長崎市より正式に「長崎和牛認定店」に指定されている、お肉の質と味にとことんこだわったお店なのです。長崎産A5和牛、ポーターハウス、トマホーク…など、28日間じっくりと乾燥熟成された最高品質のお肉に胸が高鳴ります。

席につく前にもう一つ見所が。ダイニングルームの壁に大胆に描かれた、クリス・ゴトー氏によるミュラル・アートです。クリス氏は近年世界的に注目されるアーティスト。自由でのびのびとしたタッチ、気持ちを明るくさせるカラーリングが空間に華を添えます。ハイレベルなステーキハウスなのに華美ではないおしゃれさがあることが、若い層に人気の理由なのです。

ディナータイムのスタートには、まずはドリンクで乾杯を。ぜひ女性におすすめしたいのがこの2つ。写真左の「パープルレイン」はジンをベースに、エルダーフラワーリキュールとスパークリングワインで仕上げたカクテル。美しいハワイのサンセットを彷彿させます。右の「ピンクキャデラック」はウォッカ、リレロゼ、エルダーフラワーリキュールをブレンドし、スイカとライチの氷が入ったグラスに注ぎ入れるカクテル。どちらもフォトジェニックで、リゾートアイランドらしい一杯です。

そしてメインディッシュのステーキは、すべてが上質で本格派。人気なのはラムチョップや骨付きプライムリブ。そのほかフィレミニョン、インパクト大のプライムトマホークなど、部位や大きさのバリエーションも豊富。熟成肉ならではのしっとり感と、肉汁からわき出る旨味を活かした巧みな焼き方に、プロの腕をしっかりと感じます。シェフ自ら日本に出向いて厳選したという長崎県産のA5ランク和牛も、旨味たっぷりで芳醇な味わい。

また、オイスターやロブスターなど、贅沢なシーフードメニューが豊富なことも、このレストランの魅力の一つ。お肉のサイドディッシュに迎え入れたい「ロブスター・ダイナマイト」は、ロブスターの旨味と香りが凝縮された深い味わいの一皿。お肉には赤ワイン、シーフードには白ワインと、お酒のペアリングの楽しみも広がります。

ヤヤズ・チョップハウス&シーフード

DATA
住所:508 Keawe Street, Honolulu
TEL:(808)725-4187
営業時間:15:00~23:00(月~木曜)、15:00~24:00(金曜)、17:00~24:00(土曜)、17:00~23:00(日曜)
定休日:無休
URL:https://www.yayaschophouse.com/

まとめ

新星ステーキハウス、「ヤヤズ・チョップハウス&シーフード」に行ってみたくなりましたか?オバマ前大統領夫妻も訪れてディナーを楽しんだという名店でありながら、入りやすい店構えというのが嬉しい限り。また、モダンでおしゃれな空間ですがスタッフは驚くほどフレンドリー!ぜひ気負いなく、極上のステーキとシーフードをご堪能ください!

(2020年3月時点での情報を基に記載しております。)