子供連れでのハワイ旅行では、事前のプランニングが大切です。大人にも子供にも無理がなく、親子ともにハワイをしっかりと満喫できる旅の計画を立てましょう。今回は、HAWAIICO編集部がオアフ島での4泊6日の旅のモデルプランをご提案します。

1日目:到着日は無理をせずに

10:00頃/空港からホテルへタクシーで移動

オアフ島の空の玄関、ダニエル・K・イノウエ空港のタクシー乗り場は個人出口を出て右に歩き、道路を渡った先にあります。待ち時間が少なく、目的地直行のタクシーは、空港‐ホテル間の移動に便利。料金は総額にチップ分12~15%程度をプラスした金額を支払いましょう。
ちなみに、日本にはチップの習慣がないため、いざ支払うとなった時にアタフタとしてしまうことも。そんな時には、HAWAIICOアプリのチップ計算機能(タクシー用のチップについては、総額の12%が初期設定となっています)がとっても便利ですよ♪
▼こちらの記事でも紹介しています
ハワイの天気とチップ計算はHAWAIICOにお任せ

10:30頃/ホテルのロビーで荷物を預ける

多くのホテルでチェックイン時間は15時頃ですが、その前でもスーツケースを預かってもらえます。身軽になったらハワイ滞在をいよいよスタートです。
※一部のホテルでは、通常のチェックイン時間より早めに部屋に入れる「アーリーチェックイン」サービスもあります。

11:00頃/ロイヤル・ハワイアン・センターのフードコートでランチ

センターのB館2階にあるフードコート「パイナ・ラナイ」には和洋中の11店舗が揃い、家族それぞれが好きな料理をリーズナブルな価格で楽しめます。ワイキキ中心部にあって、主要なホテルから近いロケーションも魅力的です。

施設情報

パイナ・ラナイ Paina Lanai
DATA
住所:2201 Kalakaua Ave, Honolulu, ロイヤル・ハワイアン・センターB館2階
電話番号:808-922-2299(ロイヤル・ハワイアン・センター ゲストサービス)
営業時間:9:00~22:00(店舗により異なる)
URL:https://www.royalhawaiiancenter.com/

13:00頃/明日以降に備え、ABCストアで現地調達品をゲット

食事を済ませたら、同じロイヤル・ハワイアン・センターB館の1階にある、コンビニエンスストア「ABCストア」で滞在中に必要になるものを購入しましょう。浮き輪など、水遊びの道具もこちらでは種類豊富に手に入ります。

▼こちらの記事でも紹介しています
【連載!第6話】子供連れハワイ旅の強~い味方!何でもそろう「ABCストア」

15:00頃/ホテルにチェックイン後、客室で休憩

チェックイン後の時間は、親は荷ほどき、子供は休憩の時間を客室で取るとよいでしょう。ホテル内のどこに何があるのか知るために、子供と一緒にホテル内を散策してみてもよいかもしれません。

17:00頃/ホテル近くのビーチをお散歩

日中の喧騒が落ち着きを見せ始めたワイキキのビーチで、ハワイの海を子供に見せてあげてください。目の前一杯に広がる海原と雄大なダイヤモンドヘッドの眺めに〝家族みんなでハワイに来られた〟という実感で心が満たされるひと時です。

18:00頃/テイクアウトした夕食をホテルの客室で

初日の夕食は、にぎやかなレストランではなく、静かな客室内で食べてみてはいかがでしょうか。到着日は時差の関係から、子供も早い時間に眠くなるはずです。食事を済ませたらすぐに休める客室でのディナーが到着日にはおすすめです。

2日目:到着翌日も遠出はせずにワイキキ&周辺エリアを満喫

8:00頃/ホテル内のレストランで朝食

起床後はカーテンを開け、太陽の光を室内に入れましょう。こうすることで子供の体内時計をハワイの現地時間に早く慣らすことができます。2日目も時差ボケや移動の疲れで子供は本調子ではないはずです。朝食は外で食べずに宿泊先で済ませた方がよいでしょう。

10:00頃/ホテルのプールを満喫

午前中はプールタイムに。ハワイのホテルならではの充実した施設と親子のコミュニケーションを楽しんでください。

12:00頃/ランチ後はアラモアナ・センターへ。子供服などをショッピング。

昼食を済ませたら、トロリーかバスでハワイ随一の複合型ショッピングセンター「アラモアナ・センター」に向かいましょう。アラモアナ・センターには広大な敷地に350以上のショップやレストランが集まっています。事前にガイドブック等で目的の行き先を決めておくと、館内を効率的に回れるはずです。

施設情報

アラモアナ・センター Ala Moana Center
DATA
住所:1450 Ala Moana Blvd.
電話番号:808-955-9517
営業時間:9:30~21:00(日曜10:00~19:00) ※店舗により異なる
定休日:店舗により異なる
URL:http://www.alamoanacenter.jp
▼こちらの記事でも紹介しています
【連載!第4話】 かわいい&プチプラな子供服は、オールド・ネイビーへGO!

15:00頃/「アイランド・ヴィンテージ・シェイブアイス」でおやつタイム

シェイブアイスとはハワイ風のかき氷のこと。「アイランド・ヴィンテージ・シェイブアイス」では、身体に優しいナチュラル素材で作ったシェイブアイスをいただけます。パパやママにはハワイ名産のコナコーヒーを使用したドリンクもおすすめです。

施設情報

アイランドヴィンテージシェイブアイス(アラモアナ・センター店)
Island Vintage Shave Ice
DATA
住所:1450 Ala Moana Blvd.アラモアナ・センター・エヴァウィング2階
電話:808-942-7770
営業:9:00~21:00(日曜~19:00)/無休

16:00頃/アラモアナ・ビーチパークを散歩、記念撮影

アラモアナ・センターの前に広がる広大な公園「アラモアナ・ビーチパーク」はビーチサイドにありながら豊かな木々の緑や美しい花々も楽しめる、地元でも人気の公園。遠くにはダイヤモンドヘッドも眺められ、絶好のフォトスポットとなっています。

18:00頃/「ワイキキ横丁」で夕食

アラモアナ・センターからワイキキ戻ったら、日本ならではの飲食街〝横丁〟を模した日本食フードコート「ワイキキ横丁」でディナー。ラーメンや海鮮料理、お好み焼き、天ぷらなどが日本国内で食べるのと変わらないハイクオリティで楽しめます。

施設情報

ワイキキ横丁 Waikiki Yokocho
DATA
住所:2250 Kalakaua Ave.ワイキキ・ショッピング・プラザ地下1階
電話:808-926-8093
営業:11:00~24:00 ※店舗により異なる/無休
URL:http://www.waikiki-yokocho.com/jp/

3日目:ビーチタウン・カイルアへプチトリップ

7:00頃/行列店「エッグスン・シングス」でパンケーキの朝食

ハワイの定番朝食パンケーキは、ハワイで必ず食べておきたいメニューのひとつで、王道レストラン「エッグスン・シングス」の看板メニューとなっています。

オムレツやエッグベネ・ディクトといったほかの料理と一緒に家族みんなでシェアしてもよいでしょう。人気店のため、朝早起きして開店から1時間以内に入店するのが理想です。

店舗情報

エッグスン・シングス Eggs’n Things(ワイキキ・ビーチ店)
DATA
住所:2464 Kalakaua Ave.
電話:808-926-3447
営業:6:00~14:00/16:00~22:00
URL:https://eggsnthings.com/
※ほかに、サラトガ店、アラモアナ店、コオリナ店もあり

10:00頃/アラモアナ・センターからカイルアへ

アラモアナ・センターからザ・バス(56番、57番、57番A)に乗ってカイルアまでは約45分。山道を抜けたその先に、カイルアのコバルトブルーの海が見えた時の感動は忘れられない瞬間。

11:00頃/カイルアのビーチでランチ&レジャータイム

レストランやショップが集まるカイルア中心部(カイルアタウン)で食事をテイクアウトしたら、さっそくビーチでピクニックランチ。

カイルアには「カラマ・ビーチパーク」、「カイルア・ビーチパーク」、「ラニカイ・ビーチ」と3か所のビーチがありますが、最もアクセスしやすいのが、カイルアショッピングセンターからのザ・バス(70番)で行かれる「カイルア・ビーチパーク」。ややアクセスはしづらいものの、空いていてて家族連れが過ごしやすいビーチが「カラマ・ビーチパーク」となっています。ランチ後には、美しい白砂のビーチで思う存分に遊びましょう。

<ウミガメを見るなら、ノースショアへ>
カイルアに並ぶ人気のビーチタウンが、ノースショア(オアフ島北岸)にあるハレイワ。サーファーの天国としても知られるこの町の「ラニアケアビーチ」は通称「タートル・ビーチ」とも呼ばれ、甲羅干し中のウミガメに高い確率で出会えます。ワイキキからはレンタカーで行くのが便利。所要時間はおよそ50分です。なおウミガメは保護の対象となっているため、約2m以内に近づくことはできません。

15:00頃/ホールフーズマーケットでお買い物

オアフ島には2店舗がある自然派スーパーマーケットの「ホールフーズマーケット」。

ナチュラルコスメやチョコレート、ハチミツといったハワイ産の食品、豊富なデザインがそろうトートバッグなどがお土産として旅行客にも人気です。充実のデリメニューはイートインとテイクアウトの両方で楽しめます。

店舗情報

ホールフーズマーケット(カイルア店)WHOLE FOODS MARKET
DATA
住所:29 Kailua Rd, Suite 100
電話:808-263-6800
営業:7:00〜22:00

16:00頃/カイルアからアラモアナ・センター経由でワイキキへ

来た時と同じザ・バス(56番、57番、57番A)でアラモアナ・センターへ。そこからワイキキに戻ったら夕食まではしばしのブレイクタイムです。

18:00頃/大人気の「チーズケーキ・ファクトリー」で夕食

いつも満席のカジュアルレストラン「チーズケーキ・ファクトリー」。

ハンバーガー、ステーキ、ピザ・サラダなど、豊富なメニューを楽しめます。名物は店名の通り、30種類以上が用意されているチーズケーキ。

なお、一品のボリュームが多いのでシェアはマストです。人気店にも関わらず予約を受けていないため、混雑時には、チーズケーキのショーケース横のレジでテイクアウトをリクエストした方がよいでしょう。

店舗情報

チーズケーキ・ファクトリー The Cheesecake Factory
DATA
住所:2201 Kalakaua Ave.ロイヤル・ハワイアン・センターC館1階
電話:808-924-5001 ※予約不可
営業:11:00~23:00 (金・土曜11:00~24:00、日曜10:00~23:00)
URL:https://www.thecheesecakefactory.com/

4日目:帰国日前日もハワイを遊びつくす

8:00頃/名店「アイランド・ヴィンテージ・コーヒー」で朝食

希少なコナコーヒー100%のドリンクや新鮮素材で作ったフードメニューで知られるこちらのカフェは、混雑を避けるなら朝に行くのがおすすめ。定番のアサイボウルをはじめとするボウル類やフレッシュな野菜たっぷりのサンドイッチのほか、数種類あるポキボウルも名物です。

店舗情報

アイランド・ヴィンテージ・コーヒー(ロイヤル・ハワイアン・センター店)
Island Vintage Coffee
DATA
住所:2301 Kalakaua Ave.ロイヤル・ハワイアン・センターC館2階
電話:6:00~23:00(食事6:30~22:00)

10:00頃/ワイキキ水族館へ

ハワイに海の生物を間近に観察できる水族館。館内にはハワイの海の様子がエリア別に展示され、希少なハワイアンモンクシール(アザラシ)なども見ることができます。

▼こちらの記事でも紹介しています
【連載!第5話】子供連れハワイ旅の穴場スポット「ワイキキ水族館」

12:00頃/絶品ハンバーガーをテイクアウトして公園でランチ

「ワイキキ水族館」から近い「テディーズビガーバーガー」は、地元新聞の読者投票で2001年から18年連続ベストバーガー賞受賞の記録を更新している超人気店。こちらのハンバーガーをテイクアウトし、店から歩いてすぐのカピオラニ公園でかぶりつきましょう。緑の芝が美しい広大な園内からは、ワイキキのシンボル「ダイヤモンドヘッド」も間近に見られます。

店舗情報

■ティーズビガーバーガー(ワイキキ店)TEDDY‘S Bigger Burgers
DATA
住所:134 Kapahulu Ave.
電話: 808-926-3444
営業時間:10:00~23:00

■カピオラニ公園 Kapiolani Park
DATA
住所:3840 Paki Ave.
電話:808-768-4626

13:00頃/トロリーでダイヤモンドヘッド周辺を観光

「ワイキキ水族館」前からレインボートロリーに乗車、ダイヤモンドヘッド周辺の絶景ルートを巡りましょう。オープンエアのトロリーは、爽快感と臨場感たっぷりで子供も楽しめること間違いありません。乗車料金は、ダイヤモンドヘッド周辺観光に最適な「ダイヤモンドヘッドルート」と、アラモアナセンター、Tギャラリア ハワイ by DFS、インターナショナルマーケットプレイスといったショッピングスポットを巡る「アラモアルート」という2つの路線の1日乗り放題チケットがHAWAIICOアプリで購入できます。購入可能期間はハワイ時間で実際の乗車日の3ヶ月前から当日まで。前日までキャンセルも可能です。乗車にはスマートフォンに表示したパス画面をドライバーに見せるだけ、ぺーパーレスでラクラクです。
▼こちらの記事でも紹介しています
レインボートロリーバスで観光を! 乗車券が購入可能に

17:30頃/スターオブホノルル号でディナークルージング

ハワイ最後の夜は豪華なディナークルーズ(2時間)で締めくくりましょう。ハワイ最大のサンセットクルーズ船「スターオブホノルル号」でダイヤモンドヘッド沖へ。

ロブスターとステーキのゴージャスなディナーをハワイアン・ミュージックやダンスショー、そして、洋上から眺めるハワイの美しい景色とともに楽しんでください。


料金は大人1人$151、子供1人$91。ワイキキからの送迎サービス(1人$15)もあります。

アクティビティ情報

スターオブホノルル・3スターサンセットディナー&ショークルーズ
Three Star Sunset Dinner & Show Cruise
URL:https://www.starofhonolulu.com/

まとめ

世界的な人気リゾートであるハワイには、今回ご紹介したもの以外にも親子で楽しめるスポットがたくさんあります。お子様の年齢や好みに合わせて自由にプランニングし、ご家族一緒に過ごすハワイを思いっきりエンジョイしてください。

※2019年4月時点での情報を基に記載しております

子供連れハワイ旅連載記事の紹介

■【連載!第1話】快適な子供連れハワイ旅の準備とは?
■【連載!第2話】快適な子供連れハワイ旅には、事前準備が肝心!
■【連載!第3話】ママ・パパに支持されるホテル「エンバシー・スイーツ」に泊まってみた
■【連載!第4話】 かわいい・プチプラな子供服は、オールド・ネイビーへGO!
■【連載!第5話】子供連れハワイ旅の穴場スポット「ワイキキ水族館」
■【連載!第6話】子供連れハワイ旅の強~い味方!何でもそろう「ABCストア」
■【連載!第7話】これで解決!帰国日まで安心!子供連れハワイ旅。こんな時どうする?