子供とのハワイ旅行で大切にしたいことのひとつが、遊び場所の選び方。親子どちらも楽しめるスポットを訪れたいですし、就学前の子供が一緒なら過度な遠出は避けたいものですよね。ここではワイキキにあるおすすめの穴場スポット「ワイキキ水族館」をご紹介します。

ワイキキにも水族館があるって知ってた?

ワイキキのメインストリート「カラカウア通り」をダイヤモンドヘッド方面に歩きましょう。
ワイキキ・ビーチのシンボルとなっている有名なデューク・カハナモク像を通り過ぎ、ホノルル動物園の入口を左手に見てさらに1分ほど歩いた海側に、今回ご紹介する「ワイキキ水族館(Waikiki Aquarium)」はあります。ワイキキの最も繁華なエリアからは少し離れているため、ご存じでない方もいらっしゃるかも知れません。

ワイキキ水族館が親子連れにおすすめなわけ

「ワイキキ水族館」は1904年に作られた、アメリカで2番目の公立水族館です。コンパクトながらも見ごたえ十分な展示で、子供の年齢を問わず、親子で訪れるのにはぴったりです。

館内にはハワイの海を再現した水槽もあって、シュノーケリングやダイビングが出来ない子供でもハワイの海の中に広がる美しい光景と、ハワイ固有種をはじめとするおよそ3000種の生き物たちの姿を目の当たりにできます。

さらに、大半が屋内展示となっているため、日中の強い日差しを気にすることなくゆったりと楽しめますし、あいにくのお天気の日も雨に濡れる心配がありません。

照明をしぼった館内で悠々と泳ぐ魚たちを眺めていると自然と心が和み、リラックスできること間違いなし。「ワイキキ水族館」は観光客が集結するワイキキでは貴重な、癒しスポットでもあるのです。

しかも入館料は大人が$12、3歳以下の子供は無料、4歳から12歳までの子供と65歳以上のシニアは$5とリーズナブルです。

水族館の公式サイトにスマホでアクセスすれば、展示別に日本語での音声解説を無料で聞くことができます。ポイントとなる部分はパパ、ママが子供に説明してあげると、より充実した水族館体験となることでしょう。

ワイキキ水族館の見どころはここ!

見どころ[1]:巨大シャコガイの水槽
オアフ東岸のカネオヘ湾沖を再現した大型水槽では、大小のサンゴの間を色とりどりの熱帯の魚たちがひらひらと舞うように泳いでいます。水槽中央の世界一巨大なシャコガイはインパクト抜群、子供に見せてあげたい展示物のひとつです。

見どころ[2]:ジャイアント・グルーパーの水槽
ジャイアント・グルーパーは、サンゴ礁に生息する最大の硬骨魚類でタマカイとも呼ばれます。いかつい顔もどこかユーモラス。水槽の前には階段状のベンチが設置されており、ひとやすみしながら魚たちをのんびりと観察できます。

見どころ[3]:カクレクマノミの水槽
映画『ファインディング・ニモ』の主人公にもなった魚がカクレクマノミ。体を彩る鮮やかなオレンジと白の縞模様が印象的な生物です。カクレクマノミを守るようにユラユラとうごめくイソギンチャクの触手の様子も面白いですよ。

見どころ[4]:タツノオトシゴ
英語では「シーホース(海の馬)」、日本語では「竜の落とし子」と呼ばれるように、魚類とは思えないユニークな外見が特徴の生物。ワイキキ水族館ではサイズの異なる数種を展示しており、展示を見ながら子供との会話が弾むことでしょう。


見どころ[5]:タッチプール
こちらは屋外の展示で、ウニや貝、ヤドカリといった生き物を手のひらにのせたり、さわったりして観察できます。英語とはなりますが、ボランティアスタッフが生き物について解説をしてくれる、子供には人気の高いコーナーです。


見どころ[6]:ハワイアンモンクシール
ワイキキ水族館では、現在ハワイにわずか1000頭ほどしか生息していない絶滅危惧種のアザラシ、「ハワイアンモンクシール」と会うことができるんです。その愛くるしい表情ったらもうたまりません。


毎日10時、12時、14時の3回、公開で行われる餌やりはその生態を目撃できる貴重なチャンスなので見逃さないようにしたいところ。こちらも屋外の展示となっています。

ハワイ土産を館内のショップで購入

水族館の入り口ロビーにある「ギフトショップ」では、海の生き物のぬいぐるみや、Tシャツ、海の世界をガラスの中に閉じ込めたウォータードームなどのお土産を多数販売しています。館内の展示の中で子供が気に入った生き物に関連したアイテムを購入すると、とっておきの旅の記念品になりますね。

まとめ

編集部が伺った日も多くの親子連れで賑わっていたワイキキ水族館。ハワイの海に暮らす
生き物の姿をどの子供も夢中になって見つめていました。次回は、旅行者の強い味方となっているハワイいち有名なコンビニ、「ABCストア」をご紹介する予定です。

施設概要

ワイキキ水族館 Waikiki Aquarium
DATA
住所:2777 Kalakaua Ave.
電話番号:808—923—9741
URL:https://www.waikikiaquarium.org/

※2019年4月時点での情報を基に記載しております

子供連れハワイ旅連載記事の紹介

■【連載!第1話】快適な子供連れハワイ旅の準備とは?
■【連載!第2話】快適な子供連れハワイ旅には、事前準備が肝心!
■【連載!第3話】ママ・パパに支持されるホテル「エンバシー・スイーツ」に泊まってみた
■【連載!第4話】 かわいい・プチプラな子供服は、オールド・ネイビーへGO!
■【連載!第6話】子供連れハワイ旅の強~い味方!何でもそろう「ABCストア」
■【連載!第7話】これで解決!帰国日まで安心!子供連れハワイ旅。こんな時どうする?
■【連載!第8話】HAWAIICO編集部プレゼンツ!「子供連れハワイ旅、4泊6日BESTプラン」