真冬で寒い日本を脱出して、常夏のハワイへ!雨季の真っ最中で少し肌寒いときもありますが、雨季だからこそ楽しめるアクティビティもあるんですよ。今回は、ハワイの雨季ならではのアクティビティを4つ紹介します。冬のハワイを思う存分満喫してくださいね。

雨季は虹に出会うチャンス!フォトジェニックな一瞬を撮ろう

Photo by daveynin on Visualhunt.com / CC BY

ハワイの雨季はおよそ11~4月までと結構長く続きます。雨だと観光がしにくいと思うかもしれませんが、心配御無用。ハワイの雨は比較的すぐにやみ、直後には虹が出やすいという特徴があります。

ハワイの美しい風景と虹が重なったとき、感動的でフォトジェニックな光景となりますので、雨季は絶好の撮影シーズンなのです。

ハワイで虹を見つけるコツは、比較的雨の良く降る朝方に、太陽を背にした西側の空を確認すること。夕方の雨なら、ワイキキの東側に位置するコオラウ山脈周辺がお手軽に虹を確認しやすいスポットです。また、ダイヤモンドヘッドから虹を見たいなら、比較的可能性が高いのは早朝がおすすめ。

虹が見つかったら、露出を調整できるデジタルカメラでさまざまな露出で撮影しておきましょう。構図もいろいろ変えて、インスタ映えするベストショットを狙ってくださいね。

子ども連れでも行けちゃう、ダイヤモンドヘッド登山

Photo by Edmund Garman on Visualhunt.com / CC BY

身体を動かすアクティビティの中でも運動量の多い登山は、乾季だと暑くてなかなか大変です。涼しさを感じる雨季の登山は、お子さまでも体験しやすいので、初めての登山にいかがでしょうか。

子連れで登山する場合、持ち物や服装など、事前準備のポイントを挙げておきます。

・日差しを避ける場所がないため帽子と日焼け止めは必須アイテム
・雨季で地面もすべりやすくなっているので運動靴も必須
・こまめな水分補給のためにミネラルウォーターを携帯
・トイレは登山口のビジターセンターにしかないので必ず済ませておく
・登山時間は日差しが強くなる前の午前8~10時ごろがおすすめ
・登頂料は1人1ドルなのであらかじめ用意

ワイキキからは、トロリーやザ・バスなどが運行されていますので、そちらを利用しても良いですし、レンタカーを使っても良いでしょう。体力に自信のある場合は徒歩でも1時間で行けますよ。

登山口からダイヤモンドヘッドの頂上までは、大人の足で30分。子連れを考慮しておおよそ1時間見ておけばいいでしょう。初めてダイヤモンドヘッドに登るなら、急な階段ではなく、迂回道を使ってまずは頂上到着を目指すこともできますよ。

ダイヤモンドヘッドの登山は、子どもが小学生に上がる前の幼児か小学生かで登っていくペースが異なります。幼児の場合はどうしても体力がないため、子どものペースに合わせてゆっくり登るのが基本です。

小学生の場合は、むしろ大人よりも体力があるため、一気に階段を駆け上って見失う可能性も。子どもだけにしてしまうと危険です。小学生の子どもには、登山前に親と一緒にいなければさまざまな危険が伴うことをしっかり言い聞かせ、一緒に連れだって登りましょう。もちろん、小学生でもしんどそうにしていないか、体調を注意深く観察しながら登ってくださいね。

頂上に登ると、ホノルルの街並みを見下ろす最高のロケーションが広がり、感動もひとしお!運が良ければ虹も見られるかもしれません。準備をしっかり整えて、無理をせずに子どもとの登山を楽しみましょう。

この時期おすすめのサンセットクルージング

Photo by Floyd Manzano on Visualhunt.com / CC BY

ハワイの夕景は非常に美しく印象的です。ワイキキのビーチから太陽が水平線に沈んだ後も、30分程度は「マジックアワー」で刻々と空の色は変わっていき、いつまで眺めていても飽きません。
そんな美しいハワイのサンセットをさらに堪能するには、サンセットクルージングがおすすめです。雨季は、サンセットクルージングに良い時期で、パーカーやカーディガンなどの羽織ものは用意しておけば、ちょうど良い気温でクルージングが楽しめます。

ワイキキから就航しているサンセットクルーズは、食事やエンターテインメントを楽しめるディナークルーズになっています。「スター・オブ・ホノルル号」や「マジェスティック号」が有名ですので、オプショナルツアーとして予約してみてはいかがでしょうか。

船に乗るときは、船酔いしないように酔い止めの薬を飲んでおくことをおすすめします。せっかくのディナーも味わえなくなるのはもったいないですからね。寝不足だと酔いやすいと言われているため、ディナークルーズに乗る日は寝不足にならないよう注意しましょう。

美しいサンセットにおいしい食事、楽しいエンターテインメントを存分に堪能してくださいね

ホノルルマラソンを体感しよう!実際のコースを走る

Photo by Michael248 on Visualhunt.com / CC BY-SA

マラソン好きな方なら、一度はホノルルマラソンの道を走ってみたいと思うのではないでしょうか。12月に開催されたホノルルマラソンと同じ道を走ることで、まるで選手になったかのような気分を味わえます。

気軽にホノルルマラソン気分を味わいたいなら、ホテルが多く立ち並ぶ「ワイキキ・ビーチ」からホノルルマラソンのゴール地点「カピオラニ公園」までの約2kmがおすすめ。軽く走れる初心者向けのコースでありながらゴール地点での感動がよみがえりますよ!

約2kmでは物足りない、という方は、出発点をアラモアナビーチパークにしたり、さらにダイヤモンドヘッドまで足を延ばしてみたりして、自分の体力と相談してコースを設定しましょう。ホノルルの風光明媚なスポットを眺めながら、ホノルルマラソンの気分を存分に味わってくださいね。

まとめ

ハワイの冬ならではのアクティビティは、どれも夏とはひと味違う楽しみが得られるものばかり。自分や家族の体調に合わせながら、興味の湧いたアクティビティに挑戦してみましょう。ハワイ旅行の思い出をさらに印象深いものにしてくださいね。