昨年客室の完全リニューアルを終え、新たに生まれ変わったニューオータニカイマナビーチホテル。ハワイグルメには欠かせないエッグベネディクトで有名なレストラン「ハウツリーラナイ」を擁し、便利なロケーションでありながら静かな環境がハワイ通に人気のブティックホテルです。

落ち着いた空間のブティックホテル


ニューオータニカイマナビーチホテルは、ワイキキ中心部から歩いて約15分。カピオラニ公園を左手にカラカウア通りを進み、気持ちの良い清々しい風を感じながらお散歩気分で歩いていると、ニューオータニカイマナビーチホテルの看板が見えてきます。

ニューオータニカイマナビーチホテルは、オーシャンフロントのビューを遮る高い建物がなく、目の前にはカイマナビーチが広がり、反対側にはダイヤモンドヘッドが望めます。自然のエネルギーをたっぷり感じられるホテルです。
カイマナビーチは、ワイキキ中心部のビーチほど混雑もなく、プライベートビーチ感覚で遊ぶことができます。
このビーチには、モンクシールが遊びに来ることも。1〜2ヵ月ほどホテル前のビーチで過ごすモンクシールもいて、日光浴をしている姿が見られることもあります。

1964年に設立されたニューオータニカイマナビーチホテルは、約54年の歴史がある老舗ホテル。2017年末に全客室の完全リニューアルを終え、新しく生まれ変わりました。エントランスから海へと吹き抜けるさわやかな風と、開放的なロビーのところどころに飾られる観葉植物のグリーンが快適なステイを予感させてくれます。

日本人スタッフが常駐しており、困ったことがあればすぐに対応してくれるので安心です。

リニューアルされたばかりの快適な客室


客室は、オーシャンフロント・ビューからダイヤモンドヘッド・ビューまで、さまざまなタイプがあります。こちらの写真は、オーシャンフロントワイキキデラックスルーム。リニューアルしたばかりなので、清潔感は抜群。

お部屋に入ると、大きな窓から見える絶景に感動。180度広がる壮大な海を見渡すことができます。

窓を開け、ベランダに出てみましょう。ハワイらしい真っ青な海と空。美しいサンセットも一望できます。なんて贅沢なんでしょう。
ワイキキ中心部のホテルからは見ることのできないワイキキの街並みや夜景が見えるお部屋を持つのも、このホテルの特徴。ハワイ通の方々に愛されているのも納得です。

アメニティは、女性に嬉しいロクシタンが全室に用意されています。植物素材を使用したブランドなので、肌が弱い方でも安心です。

絶品エッグベネディクトはココで!


このホテルで絶対に食べたいのが、2017年ハワイ・ランキング「111-HAWAII AWARD」のオムレツ・エッグベネディクト部門で第1位を受賞したハウツリーラナイのエッグベネディクトです。
朝と昼の時間帯のみ食べられるメニューで、月に4,000食も提供されるほど大人気。
朝の込み合う時間は、30~40名ほどの行列ができてしまうこともあるそうなので、事前に予約をしておくのがおすすめです。

6種類あるエッグベネディクトの中で、一番人気なのが「クラシック・エッグベネディクト」。イングリッシュマフィンに、カナディアンベーコン・ポーチドエッグをのせ、オランデーズソースをかけた名物料理です。
上にのせられた半熟卵を崩すと、トロトロの黄身がソースと混ざりあって、やみつきになる美味しさです。

また、レストラン名にもなっている樹齢200余年の「ハウツリー」の木々が店内に生い茂っている自然豊かな雰囲気も、このレストランの魅力のひとつ。海を目の前に望む最高のロケーションで、海風と木々からこぼれる陽の光が癒しの時間を与えてくれます。

店内はピンクで統一され、レストランのどこを撮ってもインスタ映えしそうです。
歴史を感じさせるような絶景レストランで撮影した写真は、お友達やご家族との素敵な思い出になることでしょう。

まとめ

にぎやかなワイキキ中心部から少し離れた空間で、ゆったりとした時間を過ごしたい方にはぴったりのホテルです。リニューアルを終えた客室は、清潔感があり快適。可愛らしいハウツリーの生い茂るテラス席でぜひ、絶品エッグベネディクトを楽しんでみてください。
ご予約は、お電話またはウェブサイト(日本語)からも可能です(お部屋の値段は、時期によって変動します)。

ニューオータニカイマナビーチホテル
‹HP›https://www.kaimana.com/ja/(日本語対応)
2863 Kalakaua Ave
 808-923-1555

ハウツリーラナイ(ニューオータニカイマナビーチホテル内)
‹HP›https://www.kaimana.com/ja/dining/hau-tree-lanai/ (日本語対応)
 808-921-7066