ワイキキより東に車で15分ほど離れたカハラ地区は、ダイヤモンドヘッドを臨む高級住宅と広大な公園を有しています。ハワイ旅行のリピーターに強く支持されているこの地区の観光の拠点といえば、ザ・カハラ・ホテル&リゾート。

ホテルの敷地から歩いてすぐのところに白浜があり、コバルトブルーの海との対比がワイキキの喧騒を忘れさせてくれます。浜辺を散策するだけでセレブな気分になれる人気スポットですが、アクティビティーにも注目してみましょう。

カハラリゾートのコンシェルジュから申し込める「ホロキノ・ハワイ・カヌーセーリングツアー」なら、ホスピタリティーが充実していて安心です。

キャプテンと一緒に、ハワイの環境の未来を考えながらセーリング

ザ・カハラ・ホテル&リゾートを拠点とし、目の前のビーチから毎日出航するツアーは、出発後、ココヘッドの方面に向かって進みます。セーリング中は、キャプテンのオースティンがエリアごとに簡単なハワイの歴史についてガイドをしてくれます。

オースティンは、ポリネシア伝統の航海術を復興させたカヌー「ホクレア号」での航海経験を持つ人物。キャプテンとしての力量はもちろん優秀ですが、ハワイビジネスマガジンより「この先20年以内にハワイのリーダー格として注目される20人の一人」にも選ばれています。「ホクレア号」のクルーとして培った知識は、ハワイの環境保全の大切さを次世代に伝える情熱へと結びついたそう。

古代ポリネシア船と同じ造りのカヌーで、当時の技術に思いをはせて

その昔は、星を頼りにポリネシア人がハワイへ移住したと言われていて、 ホクレア号は古代のポリネシアで用いられていた木造船のレプリカ。海図やコンパスなどの計器を使用せずに航海していたころの技術も教えてもらえます。観光アクティビティーで勉強もできると、ハワイ初心者、家族連れにも好評というのも納得です。

他の船では経験できない、シートに座っての快適航海

実際にカヌーに乗ると、帆が風を受けてグングンと岸から離れていくスピード感を楽しめます。「意外に速い!」と、初心者は驚くタイミングがありそうです。ただ、波が高くないので揺れはあまり気にならないのが嬉しいポイント。

ボートと違ってカヌーの横にある平たいシートに座っていられるので、心地よく海風を感じられます。乗船時間は45分ほどで、ココヘッドを眺めた後はホテル前に戻ってきます。

6名まで乗れるカヌーは、プライベートチャーターも可能です。チャータープランでは、実際にパドル体験をさせてくれることも。その日の風の具合によって運行を決定しています。強風で当日の催行がキャンセルになってしまうこともあるので、予定を組むときは複数の候補日を作っておくといいでしょう。一人99ドル(税別)、チャーターは最大6名までで450ドル。

ザ・カハラ・ホテル・ホロキノ・ハワイ
5000 Kahala Ave, Honolulu,
コンシェルジェ (1-808-739-8811)concierge@kahalaresort.com
ザ・カハラ・ホテル ホロキノ・ハワイ https://jp.kahalaresort.com/Experiences/Sailing-Tour

ホロキノ・ハワイ https://holokinohawaii.com/