2017年、ハワイ州ハワイ観光局が、日本人のハワイ旅行リピート率が60%を超えているという驚異的な数字を発表しました。
数あるリゾート地のなかでも別格の支持を得続けているハワイ。1度でも足を運んだ方にとっては、「何度でも訪れたい」特別な場所となる魅力が満載なのです。

そんなハワイを、“観光スポット”としてとらえるのではなく、“帰ってくる場所”として位置づけできるとしたら、このうえなくハッピーなことではないでしょうか?
3、4泊で慌ただしく帰国するのではなく、1週間くらいゆっくりとハワイに滞在してみたいと思う方が年々増えています。ふだん仕事で多忙を極めていればなおさら、いざハワイに着いたらテンションが上がり、オプショナルツアーに、ゴルフに、レストラン巡りにとタイトなスケジュールで動いてしまいますよね。

そこでご提案したいのが、ラグジュアリーな部屋にステイし、家族や大切な人と思い出を積み重ねていくことができる「暮らすように泊まる」タイムシェアという発想。今回はヒルトン・グランド・バケーションズ(HGV)のタイムシェアシステムについて、ご紹介します。

ハワイ島にあるワイコロア

 

1週間から始められて、さらに相続まで可能!画期的なシステムが人気の理由

まずタイムシェアとは、1年を52週に分け、部屋を1週間単位で所有する権利を買うシステムのこと。1口購入すると、1年に1週間、契約施設に予約を入れて宿泊できます(購入口数×1週間宿泊可能)。

通常の不動産と同じ扱いになるので、オーナー自身が手放さない限り、子孫への相続も可能という画期的なシステムです。現在オアフ島とハワイ島に9つのヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブがあります。

2017年にヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート内に37階建てのタイムシェアタワー「ザ・グランド・アイランダー・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ」が新設。2018年秋には「オーシャン・タワー・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ」がオープン予定と、需要が高まっていることがうかがえます。広々としたスペースに上質なインテリア、1ベッドルームから3ベッドルームまで各種部屋タイプが揃っています。

フルキッチン、ランドリーにプール!自由度が桁違いだから、さらに深くハワイを堪能

キッチンの1例

アクティビティーゴルフ

ザ・グランド・アイランダーのプール

通常のホテル滞在と大きく違うのは、圧倒的に部屋が広いこと。フルキッチンやランドリーが設置されており、我が家に滞在するような心地よさが味わえます。タイムシェアなら3ベッドルームまでのアレンジが可能なので、家族団らんタイムを堪能できます。

ハワイのロコのように、早朝にファーマーズマーケットに行って地元の食材を買ってきて朝食を作ってみたり、テイクアウトの商品を部屋のラナイに持ち帰ってのディナーなど、普段のライフスタイルを崩さずにリゾート気分が味わえます。

優美な屋外プールを有していたり、レクリエーションやアクティビティーのオプションサービスも豊富なので、外出しなくても飽きないと好評。観光だけでは物足りない、暮らすように滞在するバケーション・スタイルが楽しめるのもタイムシェアの良さでしょう。ハワイ州での不動産登記方法やモデルルームの見学方法など、詳細が気になる方は、説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

ヒルトン・グランド・パケーションズ
住所;東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー8階
電話;0120-805-824(The Grand Islander販売説明会に関する直通電話)
https://www.hgvc.co.jp/
http://vacationstyle.hgvc.co.jp/