東京とハワイの2か所に仕事・生活の拠点を持つ「デュアルライフ」を実践している本田直之氏。1年のうち5か月をハワイ、3か月を東京で過ごし、あとの4か月は日本の地方や、ヨーロッパ、アジア各国を回っている。ベンチャー企業への投資育成を行う会社を経営する傍ら、執筆活動も精力的に行う実業家だ。

多くのビジネスマンに支持された「レバレッジシリーズ」をはじめとするビジネス書や、60か国以上を訪れた経験をもとに、海外で活躍する日本人シェフを紹介したり、ハワイでの過ごし方を指南したりする書籍も好評。著書累計は300万部を突破している。「旅は人生であり、ライフスタイル」と語る本田氏が見出してきた、旅を成功させる秘訣について聞いた。

文:笹林司 写真:西田香織

旅する理由は「好奇心」。新しいインプットを自分のなかに蓄積していく

OnTrip JAL編集部(以下、JAL):これまで訪れた国は60か国以上、都市にすると2百数十都市を超えるとお伺いしました。本田さんが旅する理由、その根底にあるものを教えて下さい。

本田直之氏

本田直之氏

 

本田直之(以下、本田):「好奇心」だと思います。端的に言えば、知らない世界を見てみたい。世界には200以上の国があることを思えば、60か国なんてまだまだです。ぼくは「行きたい国、都市リスト」をつくっているのですが、常に増え続けています。旅をしていないと死んでしまう感じです(笑)。

 

JAL:いまいちばん、行ってみたい国、都市はどちらですか?

 

本田:イスラエルですね。三大宗教の聖地という特殊な地域で、興味があります。それにいま、いろいろなベンチャー企業も起ち上がっていて、非常に面白いんですよ。

スマホのなかには「行きたい国、都市リスト」をつくっている

スマホのなかには「行きたい国、都市リスト」をつくっている

JAL:知的好奇心の追求は、人間が持つ根源的な欲求かもしれませんね。本田さんの場合、旅によって知らないことを知る喜びの先には、何が待っていますか。

 

本田:旅をするということは、クリエイティブになることだと思います。旅先で未知のものを見て、新しいものをインプットする。ただし、インプットしたからといって、すぐ何かにつながるわけではありません。徐々に自分のなかに蓄積されて、あるとき、ふと新しいアイデアにつながったり、仕事や人生についての考え方のプラスになったりするんです。

旅のあとはメモを残す。何を見たか、どこに行ったかではなく、「何を感じたか」が重要

JAL:誰しも、旅によってインプットしたものを自らの血肉にして、上手くアウトプットしたいと思っています。しかし、感じたことを忘れてしまうことも多い。どうすれば、本田さんのようにアウトプットができるのか、その方法論を教えてください。

 

本田:いや、ぼくもやっぱり忘れますよ(笑)。だから、旅で感じたことは、必ずメモするようにしています。きっかけは、マッシモ・ボットゥーラ氏へのインタビュー。彼は、イタリアのモデナにあるミシュラン3つ星レストラン「オステリア・フランチェスカーナ」のオーナーシェフです。彼は旅からインスピレーションを得て料理をつくっているそうで、「旅したあとにメモをとらなきゃダメだ。旅をした理由がなくなる」と話してくれました。

それ以来、帰りの機内では、「旅の感想」や「面白いと感じたものや考え方、方法論」などを、iPhoneでメモしています。何を見たか、どこに行ったかではなく、何を感じたかが重要。写真に感想をタグ付けするだけでもいいと思いますよ。

 

JAL:本田さんにとって、帰路の機内はおさらいの時間なのですね。では、往路の機内ではどのように過ごされているのでしょうか。

 

本田:行きの飛行機では、時計を現地の時間に合わせて、その時間に沿って行動します。現地が深夜だったら寝るし、昼間だったら起きておく。そうすると、時差ボケ防止になるんですよ。

旅の大きな目的のひとつは「食べること」。地域や人をより深く知るきっかけに

日本ソムリエ協会認定のワインアドバイザーの資格も持つ本田さん。事務所には大きなワインセラーが

日本ソムリエ協会認定のワインアドバイザーの資格も持つ本田さん。事務所には大きなワインセラーが

JAL:旅先ではどのように過ごすのですか。本田さんなりの旅の流儀があれば、教えて下さい。

本田:ぼくにとって旅の大きな目的のひとつは「食べること」ですね。そもそも美味しいものがない街にはあまり行きたくないです。

JAL:「食」という視点で、特に印象深い国はありますか?

本田:スペインは好きですね。都市で言えばカタルーニャ地方のバルセロナ、バスク地方のサンセバスチャンやビルバオ。特に、バスク地方はこれまで8回くらい訪れています。

たくさんの人がごった返すサンセバスチャンのバル

たくさんの人がごった返すサンセバスチャンのバル

本田:ぼくが旅先で食べることを好む理由のひとつに、「食」を通じて地域や人を深く知れる、ということがあります。例えばバスク地方の人は、すごく真面目ですね。サンセバスチャンには、小皿料理と一緒にワインを楽しめるバルがたくさんあるんですが、バルではお会計のとき、注文したものを自己申告するんです。狭い店内に人がごった返していて、立ったまま飲んだり食べたりしているので、食い逃げしようと思えばできてしまうでしょう。でも、絶対にそんなことはないし、店側もボッタクリはしないんです。

JAL:サンセバスチャンは人口当たりのミシュラン星つきレストランが最も多い都市といわれ、美食の街とも形容されていますね。

本田:ぼくの場合、バスク地方の三つ星のお店は驚きがあって面白いので、ひととおり足を運びましたが、リピートはしてません。味も実験的なものが多かったりして、正統派の「美味しい」というのとはまた少し違うというか。ミシュランにこだわらなくても、ぼくが世界一好きなレストランである山バスクの「Etxebarri」、海バスクの「Elkano」やバスク料理の「Ibai」、チュレタ(骨つき肉のステーキ)の「Casa Julien」など、カジュアルで何度も足を運びたくなる、世界的にも素晴らしい評価を受けているお店がたくさんあります。いろいろと回るので、旅行中は1日に6食は食べてますよ(笑)。

本田さんが世界一好きなレストラン「Etxebarri」の、ガリシア牛のチュレタ

本田さんが世界一好きなレストラン「Etxebarri」の、ガリシア牛のチュレタ

JAL:有名店を訪れるのもいいですが、街の美味しいレストランを見つけるのも旅の醍醐味ですよね。ただ、旅慣れていないと、ガイドブックなしで名店を探し当てるのは難しい気がします。本田さんのテクニックを教えていただけますか。

本田:まず、「なんとなく美味しそう」といった勘に頼ってはダメ。ぼくは、現地のシェフに聞くようにしています。1軒目は、事前にリサーチしておいた店を訪れるのですが、そのレストランが美味しかったら、シェフに「どこか良いお店はないかな?」と質問するんです。味にも好みがありますが、自分が美味しいと思える料理をつくるシェフのおすすめなら、信用できますからね。逆に、ホテルのコンシェルジュには、あまり聞かないかも。良いお店を紹介してくれるのですが、やはり誰もが納得する安心、安全なレストランしか紹介してくれませんから。旅慣れてくると、ちょっと物足りないかもしれません。

早朝の「旅ラン」で、世界遺産を独り占め

JAL:旅先で1日に6食も食べていたら、旅行期間中に太ってしまいそうですね。

本田:旅行先では必ず「旅ラン」をするようにしています。10キロほどを約1時間でゆっくりと走るんです。そうすると、大抵の街は概要がつかめて、俯瞰的に見ることができるようになります。世界遺産などお目当ての場所を目標に走ってもいいですよね。ぼくはあえて、観光だと絶対に通らないような道を走るのがお気に入り。その街の生活や雰囲気が見えてきます。「この街はみんな早起きだな」とか、「この街は明るく迎えてくれるな」とか、「この街の人は目も合わせてくれないな」とか。大きな市場のある街なら、ランニングの最後に寄って朝食をとるのもいいですね。

JAL:旅ランの必需品はあるのですか?

本田:身軽がいちばんなので、最低限必要なものだけを持って走ります。ミルスペック(軍隊の採用基準を満たした製品)の防水・防塵カバーに、スマートフォンとクレジットカード、それに少額の紙幣を入れて。

本田さん愛用の旅グッズ。左から、旅ラン用の防水・防塵カバーとスマートフォン、カメラ。いちばん右はノイズキャンセリング機能に優れ、機内で眠るときも心地よいイヤホン

本田さん愛用の旅グッズ。左から、旅ラン用の防水・防塵カバーとスマートフォン、カメラ。いちばん右はノイズキャンセリング機能に優れ、機内で眠るときも心地よいイヤホン

 

JAL:先ほどは食について印象深い国をお尋ねしましたが、旅ランで印象深い国はどこでしたか?

 

本田:これはいろいろありますね。まずは、イタリアのローマ。石畳で走りにくいのですが、街中が世界遺産だらけ。特に早朝に走ると、日中は観光客でごった返している場所に誰もいないんです。シーンとしたコロッセオは、とても神秘的でしたね。他には、同じくイタリアのフィレンツェも気持ちいい。ベルギーのブルージュ、チェコのプラハやオーストリアのウィーン、スペインのバルセロナも楽しかったです。

地元目線でおすすめするハワイの楽しみ方。観光地の一歩外へ出てみよう

JAL:本田さんはヨーロッパやアジアへの短期滞在の旅だけでなく、1年のうちハワイで5か月、東京で3か月過ごすといったデュアルライフを実践していますね。ハワイの魅力と楽しみ方を教えていただけますか。

本田:日本人に人気なのは、オアフ島ですよね。この島のいいところは、街と豊かな自然の共存。街も楽しめるし、少し離れれば、ダイヤモンドヘッドのような雄大な自然もあります。ぼくのおすすめは、観光のメッカであるワイキキから一歩外へ踏み出してみること。例えば、アラモアナビーチパークはワイキキビーチから車でたった10分ですが、地元の人たちがいっぱいで、風景も雰囲気も全然違います。歩いて行くこともできますよ。また、オアフ島以外の近隣諸島で自然を感じるのもいいでしょう。

JAL:ハワイを何度か訪れると、「日本人だらけで、美味しい物がない」といった感想を持つ人もいますね。

本田:観光地から少し外に出てみれば、ローカル向けの美味しいお店があります。リピーターなら観光視点だけでなく、そういったお店を開拓して、ある意味、暮らすような過ごし方で楽しむと面白いと思います。ぼくがいちばん好きなのは、「Side Street Inn(サイド・ストリート・イン)」というお店。ガストロパブといってバーとレストランを兼ねたような場所です。

本田さんお気に入りの店「Side Street Inn(サイド・ストリート・イン)」のポークチョップ。ボリューム満点

本田さんお気に入りの店「Side Street Inn(サイド・ストリート・イン)」のポークチョップ。ボリューム満点

JAL:ハワイと日本に拠点を持ちながら世界中を巡る本田さんのライフスタイルは、旅好きにとっては憧れです。インターネット環境が整備され、オフィス以外の場所から仕事をする「テレワーク」の機運も高まっているいま、同じような働き方を現実的に考えている人も多いのではないでしょうか。

本田:誰にもできると思いますよ。少なくとも、場所に縛られる必要はまったくない。でも、工夫次第ですね。自分の理想の生き方を叶える方法を、さまざまな選択肢のなかからクリエイティブに選ぶ必要があります。例えば新しいテクノロジーやサービスの活用法を考えたり、テレワークや多様な働き方を推し進めている会社を自分で探したり。すべては自らの意志による選択だとぼくは思います。いますぐに無理なら、徐々に準備をしていけばいいんです。

世界を見てあらためて感じる日本の良さ。特に地方の独自性はすばらしい

JAL:旅をし続ける本田さんに、あえてお尋ねします。定住するなら、どの国がいいですか?

本田:定住することは、まったく考えてないですね。同じところにいたくない、国に身を縛られたくないんです。ただ、拠点を置く場所として、日本を0%にすることは決してありません。こんないい国、他にないですよ。便利だし安全だし、食べ物はすこぶる美味しい。なにより、サービスとホスピタリティーのレベルが高い。飛行機もそうで、ぼくは日系企業のエアライン以外乗らないです(笑)。

JAL:世界を旅することで、日本の良さを知ることができたんですね。

本田:3年前からは、1年のうち2か月は日本の地方を旅しています。旅をしていると、世の中の大きな流れのようなものが、直接肌で感じられて。やっぱりいまは、大量生産・大量消費の物資至上主義から、独自性のある体験や経験を重視する精神主義に、徐々に変わっていっています。これは10年くらい前から、とても強く感じていました。

そこから、海外だけでなく、日本に目を向けたいという思いが芽生えたんです。日本の地方は昔から独自性があって、食や祭りなどの文化が多彩です。これまでは、東京から発信される文化や経済に浸食されていた部分もありましたが、地方がプライドを持って独自性を打ち出していったら、もっと面白いことになるはず。いまはそんな地方の魅力をもっと知りたいと思っています。