青い海、白い砂浜、心地よいそよ風と、おいしいロコフード……語り始めたら尽きることのないほど多くの魅力がつまったハワイは、世界中からの観光客で賑わう人気の旅先。今回、そんなハワイ旅をナビゲートしてくれるのは、渡航歴100回以上というフリーランス・ライターの今井栄一さん。ハワイの自然と人々、歴史や文化に魅せられたという彼がおすすめする「絶対再訪したくなる」ハワイ・オアフ島のスポットを紹介します。

文・写真:今井栄一

ハワイの達人がすすめる「絶対再訪したくなる」スポット

取材や撮影、そしてプライベートも合わせると100回以上ハワイへ旅をしてきました。カウアイ島、ハワイ島、マウイ島の3つの島に行った回数がいちばん多く、次にワイキキのあるオアフ島。モロカイ島、ラナイ島にも、何度か渡り、どの島もずいぶん長く滞在してきました。個人所有であることから一般人の立ち入りが難しいニイハウ島も2回上陸したことがあります。いまでは、友人・知人から現地ガイドを頼まれることもあります。
取材で行くと、地元の人は気づかないもの、あまり見ていない景色に気づくことがあります。そんなわけで、「ぼくなりに」という条件つきですが、絶対に損はしない、行ったら絶対再訪したくなるハワイ・オアフ島のスポットをご紹介したいと思います。

「苦しみのない」という名の幸福のビーチ

Sans Souci Beach(Kaimana Beach)

静かな時間が流れるサンスーシ・ビーチの朝

静かな時間が流れるサンスーシ・ビーチの朝

 

 

そのビーチは、ワイキキのはずれ、ダイヤモンドヘッド(休火山)のすぐ麓にあります。ニューオータニ・カイマナビーチ・ホテルの前の、こぢんまりとした浜辺です。「カイマナ・ビーチ」と呼ぶ人もいますが、ローカル(地元民)たちは昔もいまも愛情込めて、この小さな浜辺を「サンスーシ・ビーチ」と呼んでいます。

 

「Sans Souci(サンスーシ)」とはフランス語で、「苦しみのない」という意味。英語で書くと、「Without Pain」といったところでしょうか。ビーチの名前にしてはずいぶん文学的というか、哲学的です。

 

早朝、太陽が昇る直前の時間、サンスーシ・ビーチにはローカルの姿があります。仕事へと出かける前、このビーチからエントリーして遠泳をする人、カヤックやアウトリガーカヌーのトレーニングをする人、そしてサーファーたち……早朝のこの浜辺の雰囲気は最高です。

 

日中大勢いる観光客のひきは意外と早くて、16時をまわると、「もう充分かな」という表情で、ビーチマットやタオルを畳んで去っていきます。きっとホテルへ戻ってシャワーを浴び、着替えて、夕食に向かうのでしょう。

逆に、17時を過ぎる頃から集まり出すのがローカルたち。夕刻の遠泳に出るストイックなスイマー、今日の最後の波に乗ろうというサーファー、もちろん、砂浜やベンチに座ってのんびりするローカルも。とにかく夕暮れどきになると、観光客でにぎわっていたこの小さな浜辺の様相がガラッと変わり、「地元民の庭」になります。

椰子の木々のシルエットが美しい夕暮れどきのマジック・アワー

椰子の木々のシルエットが美しい夕暮れどきのマジック・アワー

 

 

そう、サンスーシは、ローカルのお庭のような浜辺なんです。地元の人たちが大切にしている、特別な場所。ワイキキのなかで、この浜辺だけふわりと浮遊しているような、独特な空気感があります。ちょっと鋭い人ならこの浜辺へ来るとそれを「感じる」はず。聖地カピオラニ公園とこの浜辺には、いつも心地よいそよ風が吹き抜けています。

 

ホノルルに到着するとぼくは、湯治場の温泉につかるように、まずサンスーシの海に入ります。ゆっくり足から入り、手のひらを水面に滑らせるようにしながら海に挨拶したら、静かに全身を水のなかに入れる。最初は冷たく感じる海の水も、頭まで入るとすぐに慣れます。そして、海面に仰向けに浮かぶ。まっすぐ空を見る。

 

しばらくそうしてぷかぷかと身体を波間に漂わしていると、いつしか全身が、心が、リセットされます。サンスーシは、旅人のマインドとボディーをリセットしてくれる場所です。

ビールとの相性抜群なハワイの郷土料理「ポケ」

TAMURA’S FINE WINES & LIQUORS

店ごとに味つけが微妙に違う、アヒ・ポケ(マグロのポケ)。

店ごとに味つけが微妙に違う、アヒ・ポケ(マグロのポケ)。

 

 

ハワイへ来たら、「ポケ」を食べましょう。ポケは、ハワイが生んだ郷土料理のひとつ。ポイ(タロイモのペースト)などのように大昔から受け継がれてきた「ポリネシア伝来の食べ物」とは違います。ポケは20世紀、近代のハワイに生まれたローカルフードの王様です。

 

ポケ(Poke、ポキと呼ぶ人も)はもともとはハワイ語で「細かく刻む、スライスする」という意味を持つ言葉。でも、現在ハワイでは「ポケ」といえば、ある特定の食べ物のことを指します。たとえば、「アヒ・ポケ(Ahi Poke)」なら「マグロ(Ahi)をサイコロ状にカットし醤油漬けにしたもの」、「タコ・ポケ(Tako Poke)」は「タコを細かく刻んで浅塩漬けにしたもの」という具合。つまり、小さくカットされたさまざまな食材が(多くは魚介類)、醤油や岩塩などでマリネされた食べ物の総称が「ポケ」。

 

基本はアヒ・ポケ(マグロの赤身の醤油漬け)。でも、ほかにもいろんなバリエーションがあります。たとえば「豆腐ポケ」とか「揚げナスのポケ」、「貝類のポケ」「大根ポケ」などなど。店ごとに個性はいろいろ、味つけもさまざま。

 

日本のいわゆる「漬け」とちょっと違うのは、「ごま油とゴマが効いている」ところ。日本の寿司屋でマグロの漬け丼を食べても、ごま油の風味はありません。ハワイのマグロの漬けにはごま油が効いていて、これが最高においしい!

 

香川人にとってのうどん、博多人にとってのラーメンと同じで、「俺はいつもここで食べる」「俺はここでしか買わない」というこだわりが、ポケ好きを自認するローカルにはあります。というわけで、ワイキキ滞在中なら、ここがオススメ、カイムキ地区にある、「Tamura’s(タムラ)」です。

もともと安売りで有名な酒屋。店の奥に「ポケ・コーナー」がある

もともと安売りで有名な酒屋。店の奥に「ポケ・コーナー」がある

 

 

もともとローカル御用達の安売り酒屋でしたが、店の奥にすばらしい「ポケ・コーナー」があります。アヒ・ポケとタコ・ポケは数種類もあり、ほかにも「青唐辛子入りアヒ・ポケ」や「塩漬けのアヒ・ポケ」など、いつもどれにしようか悩みます(それぞれ4分の1ポンド(約113g)から買える)。

いろんな種類のポケがずらっと並ぶ。毎日食べても食べきれない

いろんな種類のポケがずらっと並ぶ。毎日食べても食べきれない

 

 

ほかに「Lomi Salmon(ロミ・サーモン。サーモンのポケ。これもおいしい)、「Fried Tofu Poke(揚げ豆腐のポケ)」もオススメ。それから「Garlic Edamame」は絶対忘れずに。茹でた枝豆をガーリック醤油で漬けにしたポケの一種で、ビールがものすごく進みます。

ポケを買い込んで、宿のバルコニーでのんびりビールという夕暮れもいいものです。ぼくはいつもボストン・ラガー、「サミュエル・アダムス」でスタートします。

1年365日、毎日食べたい至高のフォー

PHO THINH

ラージサイズのフォー、トライプ(牛の胃袋)と豆腐入り

ラージサイズのフォー、トライプ(牛の胃袋)と豆腐入り

 

 

ワイキキ滞在中は、フォーをぜひ。移民の島・ハワイのホノルルには、本場さながらのリアルでおいしいベトナム料理店がいくつもあります。なかでも、「フォー・シン」のフォーは、本場ハノイやホーチミンもびっくりのおいしさです。ぼくは、もしワイキキに4日間滞在したら、少なくとも4回はこの店で食事をします。「I guarantee it!(おいしさは保証します!)」、それほどおいしいフォーを出す店なんです。ここのフォーのスープは絶品。ほかでは絶対味わえません。

「フォー・シン」はベトナム料理店ですが、一番人気は店名が示す通りフォーで、レギュラー客の多くはひたすらフォーを食べています。ぼくが毎度オーダーするのは、「ラージサイズのフォー、トライプ(牛の胃袋)と豆腐入り」。これを1日2回食べることもありますが、まったく飽きることはありません。

オアフ島にはベトナム系米国人が多く暮らしているため、ベトナム料理店のレベルがそもそも高く、ぼくは数年かけて、ホノルルのベトナム料理店をほぼAからZまでトライしました。少なくともフォーにかけては、「ここと、ここと、ここ!」というトップ3を確認済み。そして、ナンバーワンがここ、「フォー・シン」です。もちろん味は個人の好みなので絶対評価はできませんが。

ハーブをたっぷり使うのが、ベトナム料理の魅力のひとつ

ハーブをたっぷり使うのが、ベトナム料理の魅力のひとつ

 

 

フォーの食べ方には流儀があります。これは本場ベトナムもまったく同じですが、オーダーするとまず皿にたっぷりハーブが盛られて出てきます。アジアン・バジルなどのこの緑野菜を、フォーを待つ間に「少し細かくちぎって」おきます。一方、テーブルには自家製の豆板醤など複数の店特製の(辛い)ソースがあるので、それらをナンプラーと混ぜ合わせ「自分だけのつけダレ」を小皿に作っておきます。

 

やがてフォーが来たら、ちぎったハーブをどさっと入れて、具の豆腐やトライプを(ぼくの場合ですが)、そのつけダレにつけていただきます。途中でつけダレをすべて、フォーのスープに混ぜて、辛くして食べます。もちろんこの食べ方は人それぞれお好みでどうぞ。

 

「フォー・シン」は、朝10時開店なので、朝ホノルル空港に到着後、レンタカーでここへ直行というのがぼくのスタイルです。帰りの便が午後のときには、朝10時にここでフォーを食べて、それからホノルル空港へ向かいます。

ワンデイ・ドライブでノースショアの自然を楽しむ

THE NORTH SHORE

美しいノースショアのサンセット。冬にはクジラを見ることも

美しいノースショアのサンセット。冬にはクジラを見ることも

 

 

ワイキキは、歩いて回れて便利ですが、もし4、5日滞在するなら、1日だけレンタカーをしてちょっぴり遠出、ノースショアへ行ってみるのもおすすめです。ワイキキがあるのはサウスショア、つまり島の南海岸、ノースショアとは、オアフ島の北海岸のことです。冬には大波が押し寄せる「サーファーの聖地」として有名ですが、夏のノースショアは波が静かで、人も少なく、のんびりできます。大きな建物もないし、もともと住んでいる人の数も少なくて、島のカントリーサイドの美しさ、穏やかさをたっぷり感じることができます。

 

ホノルル空港か市内でレンタカーをしたら、フリーウェイのH1、そして途中でH2に乗って、ひたすら「NORTH」をめざします。H2の終点まで走ってもノースショアには着けますが、おすすめは終点の1つ前の出口、「WAHIAWA(ワヒアヴァ)」で降りていくルート。ここから行くと、途中に広大なパイナップル畑、サトウキビ畑のなかを通るローカルロードを走ることになり、このドライブが最高に気持ちいいのです。

 

やがてその道は、ノースショアのサーファーズ・タウン、ハレイワ(Haleiwa)へと至り、海沿いの道(Kamehameha Hwy)を走っていけば、ジャイアント・ウェーブで知られるワイメア湾。やがて世界中のサーファーたちにとっての憧れの場所、「バンザイ・パイプライン」で知られるバンザイ・ビーチへと至ります。

田舎道の途中に、ぽつぽつと洒落たカフェやショップが点在する。

田舎道の途中に、ぽつぽつと洒落たカフェやショップが点在する。

 

 

ショッピングや、あえて人の多い海辺で過ごすのが好きだったら、ノースショアはわざわざ行く必要はないかもしれません。でも、ハワイの自然、花や緑の風景が好きで、いずれカウアイ島やマウイ島などのネイバーアイランズに行ってみたいなぁと考えている人なら、一度ノースショアへ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

「オアフ島のへそ」と呼ばれるパワースポット

KUKANILOKO

クカニロコへの入り口の赤土の道

クカニロコへの入り口の赤土の道

 

 

先ほど書いたワイキキからノースショアへのおすすめの行き方、フリーウェイのH2の終点から1つ前の出口「EXIT 8 WAHIAWA」で降ります。

 

フリーウェイを降りてその道を走って少し行くと、「Whitmore Ave(ウィットモア・アベニュー)」という信号があります。まさに「middle of nowhere(周りは畑だけ、何もない場所)」ですが、その信号を迷わず左へ。そこは赤土の「畑の一部」のような場所ですが、少し進むと鉄の鎖があるので、その前の辺りに車を停めてください。

 

鎖の向こうに、赤土の一本道が延びています。車をロックして、貴重品を持って、その道を歩いていくと、やがてサトウキビ畑の真ん中に、ぽっかりと、まるで異次元からこぼれ落ちたような空間が広がっています。

 

ハワイの人でも、わざわざここへやって来る人は多くありません。近年、日本の雑誌(特に女性誌)で紹介されることが増えたので、むしろハワイ好きの日本人旅行者の方が知っていると思います。聖地好き、パワースポット好きなら、マストゴーな場所、それが「Kukaniloko(クカニロコ)」です。

この木陰でお弁当、というのもオススメ

この木陰でお弁当、というのもオススメ

 

 

クカニロコとは、正確にはこの場所にある石の名前です。言い伝えでは、12世紀以来オアフ島の首長たちは全員、クカニロコと呼ばれる石のそばで生まれたのだとか。つまり、首長の妻たちはみんな、その「石のそば」で、赤ん坊を産んだわけです。「石に対して正しい角度で産むと、その赤ん坊は神の祝福を受ける」という言い伝えが、古来よりあるそうです。

そのフォークロア(伝承)の真偽は別として、クカニロコと呼ばれるこの場所は、たしかに少し神秘的で、パワフルで、そして、とても心地いい場所です。

 

ハワイには「マナ(mana)」という言葉があります。花や樹木、石など、自然界のあらゆる森羅万象が持つ「霊力」のこと。クカニロコには、「強いマナがある」とぼくは思います。